Share
この度私、安藤おさみは、7月に予定されている都議会議員選挙の民進党公認で立候補する決意を固めたことをご報告致します。
昨年末より、一部の方には既にご報告させていただいておりましたが、不特定多数の方々にお知らせするのは今回初めてとなります。
連日報道がなされ、大変注目を集めている東京都議会ですが、我が民進党としては八王子選挙区定数5のうち、現在ゼロ議席という、非常に厳しい状況にありました。
そこで、候補者擁立に向け昨年秋頃より、民進党八王子支部内でこの件について議論してきましたが、この度、民進党所属の私を含む八王子市議会議員4名や総支部長(衆議院候補予定者)などで構成される幹事会のメンバーで互選を行うと同時に、電話世論調査を実施した結果、それぞれ私が最も多くの指示を賜り、ご推挙頂くこととなりました。
市議会2期、36歳の若輩ですが、若さを活かしての行動力、突破力にご期待頂いての事だと認識しており、身の引き締まる思いです。自民党が多数を占める都議会が誕生して約4年。この間都政は混迷を極めました。猪瀬、舛添両都知事(共に自民党が推薦)の金銭スキャンダルによる連続辞任にはじまり、小池新知事が誕生してからは6,000億円以上もの税金をつぎ込んで前のめりに進めてきた豊洲新市場がここにきての汚染水問題が発覚するなど、情報公開の不足や都議会と行政のなれ合いに依拠した問題が噴出しています。今こそ都政改革を前に進め、私が市議会でも取組んで結果を出してきた議会改革を進め、議会の調査能力及び政策提案力の向上と、都政の情報公開の推進、情報発信を強化していかなければなりません。
また、八王子市では三多摩格差の解消をはじめ、旭町明神町地区の合同庁舎の再整備、都道等の整備や都有地の活用など、課題解消に向け、地元の意向を届けられるパイプ役も必要です。
何より八王子市議会での仕事にやりがいを感じてるところではありますが、上記のような都政の課題が解消されなければ、八王子の発展もあり得ないでしょう。そのためにも、今回仲間や先輩から背中を押して頂き、全身全霊をかけて頑張ろうと決心しました。これから、本戦までの期間はわずかですが、しっかり結果が残せるよう頑張っていきたいと思います。若輩者ではりますが、変わらぬご指導賜りますよう、お願い申し上げます。

 

また、新しい市政報告も作成しましたのでこちらもご覧頂ければと思います。↓

http://www.osami-ando.com/pdf/vol9.pdf